夏真っ盛りの裏磐梯の景色です

8/5(金) 良い天気です。
というか福島市では 37°C の気温が出て「あ゛つ゛い゛!(暑いに濁点+びっくりマーク)」のようです。

磐梯山ジオパーク協議会事務局のあるここ北塩原村桧原は、通称 「裏磐梯」 と呼ばれていて、標高800mくらいで日陰に入ったり、風が吹くと涼しい高原です。今日は26°Cくらいで福島とは11°Cも違います。

高原の夏は真っ盛りです。
事務局のある、自然環境活用センターから一回りして磐梯山の様子をスナップしました。

爽やか裏磐梯の風が感じられるでしょうか…


センターの隣には裏磐梯小学校のプールがみえます。きょうはおやすみです…


先日のブラタモリでタモリさんが笑っていた写真の五色沼(毘沙門沼)。記念写真のメッカです。


今日の毘沙門沼の水の色。神秘的な色合いです。


毘沙門沼の駐車場わきには日本赤十字社の「平時災害救護発祥の地」の碑が建ってます。
1888年磐梯山噴火が、戦争以外で赤十字の救護活動された最初でした。


五色沼入口の裏磐梯ビジターセンターから民宿街の「蛇平」地区に上ると磐梯山が雄大に迫ります。
蛇平の地名は、岩なだれが蛇が這ったような地形に見えたからでしょう。


蛇平からもうすこし小野川湖方面(グランデコスキーリゾートにもいけます)に上ると爽やか磐梯高原の景色です。白い雲がアクセントですね!

磐梯山ジオパークは、素敵な景色にアプローチしやすいです。

真ん中に見える崩壊壁のところにタモリさんが「今まで見た景色の中で一番のごちそうです」と名コメントを残した銅沼(あかぬま)があります。
裏磐梯スキー場を登りきるとすぐ近くです。

夏に一度おいでになりませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です